Home > 八尾ブラジリアン柔術とは

八尾ブラジリアン柔術とは

ブラジリアン柔術は自分より大きな相手や力のある相手にも勝てるようにグレイシー一族などによって広められた格闘術です。
打撃が一切なく主に寝技中心でテコの原理・反射の法則を最大限に利用する為、体力や力に自信のない方でも習得できます。

運動をあきらめた30代・40代・50代の中高年の方、運動経験がない方でも無理なく出来る競技です。
(八尾ブラジリアン柔術は初心者の方へのサポートを出来る限り行います。)

初心者・中高年でも安全に十分上達できる格闘術でありながら、現在ではプライド・UFCなど総合格闘技トップファイターのほとんどが習得している実践的な格闘術です。

八尾ブラジリアン柔術は代表の私自信「道場」という厳格なイメージや堅い雰囲気はかなり苦手で気軽に立ち寄れる自由な空間と考えております。
もちろん一切強制もございません。
(練習の途中入退場は自由です。)

ブラジリアン柔術はダイエット・体力UP・健康増進も体感出来ると思います。

それぞれ自分の体力・年齢・生活等に合わせたペースで楽しんでいただければ幸いです。

代表

西口正人

西口 正人(にしぐち まさと)
1974年生まれ 東大阪市出身

総合格闘技の為の練習として柔術を始める。
30才でプロ選手引退後は転勤で福井県へ。
37才で柔術を再開。
福井MMAクラブを設立。

格闘技歴

アマチュア

西日本アマ修斗ヘビー級優勝
東日本アマ修斗ヘビー級準優勝
全日本アマ修斗クルーザー級優勝

グラップリング

アブダビコンバット-88kg日本予選出場
コンテンターズ クルーザー級優勝
第一回全日本グラップリング修斗クルーザー級準優勝

プロ総合格闘技

プロ修斗

プロ

パンクラス

パンクラス

→PANCRASE

Home > 八尾ブラジリアン柔術とは

Return to page top